ここはロービジョンについての説明ページです

トップページ│ロービジョンとは│ケアルームではアクセスお問い合せ

ロービジョンとは?
病気やけがなどのために十分な視力が出ない、視野が狭くなるなどの状態を「ロービジョン※」(弱視、視覚障害など)とよびます。

ロービジョンになると日常の読み書きや行動にさまざまな不自由を感じ、生活の質「QOL」が低下してしまいます。

しかし、適切な補助具の使用やリハビリ訓練を取り入れることで不自由の多くは解決することが可能です。


※WHO世界保健機関は矯正視力0.3〜0.05をロービジョンと定義しています。
晴眼での見え方の画像
↑晴眼での見え方
中心暗点の画像
↑中心暗点
かすみの画像
↑かすみ
視野狭窄の画像
↑視野狭窄
アイベル ロービジョンケア
当社はロービジョンの方々に見えにくさの解決方法をご提案し、「見えにくくなっても自立した、あなたらしい人生」をサポートしてまいります。

治療と並行して取り組まれることをおすすめいたします。
LVCルームの様子の画像
↑LVCルームの様子
文字拡大機の画像
↑文字拡大機
リハビリ講座の様子の画像
↑リハビリ講座の様子
LVCルームの様子の画像2枚目
↑LVCルームの様子2
メールアドレス:lowvision@eyebell.co.jp

株式会社アイベル・ロービジョンケア 本社
〒520-2141 大津市大江3-11-25 TEL:077-547-2229 FAX:077-544-4447

ロービジョンケアルーム 新大阪
〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-17-5 ステュディオ新大阪10F1046号 TEL:06-6323-6241